読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SD32G5静音化

PC WHS

今までPCの静音化にはほとんど興味が無かったんだけど、さすがにWindowsを動かせるだけのスペックのPCを常時電源オンにしておくのは電気代が気になるし、妻の目も厳しい。

USL-5Pで作ったファイルサーバーは、結局ディスクはずっと回りっぱなしだったんだけど、現状裸族のマンションに入居中のHDD2台は真っ裸なので動作中は結構うるさい。

電源オプションでこまめに回転をオフにするようにして、そこそこ気にならない程度にはなっているけど、次の一手を打ちたい。

cpu

Celeron D 326を使ってるんだけど、何?このCPUってTDPが84Wもあるの?

ファイルサーバーとしてはCeleron Dで十分性能上の要件は満たすと思うんだけど、電力を考慮するとCoreアーキテクチャのCPUの方がいいし、アプリケーションサーバー的に使いたいならデュアルコアのCPUの方が良い。

ちなみに、iTunesをインストールしてみたら、重くて全然動きやしねぇ。Station Ripperで録り貯めたMP3が160GBぐらい、CDからのリッピングiTMSで購入した曲が60GBくらいのライブラリだが、全く操作出来ない程度に重い。

メモリ

メモリも512MBしか積んでいないんだけど、ファイルサーバー的にはたぶん必要最低限。アプリケーションサーバー的に使うには不十分。

HDD

そりゃHDDは速いに越したことはないんだけど、WHSの場合極端にHDDに投資するのは見返りが少ないかもしれない。

RAIDに投資するより、容量大きめの単一ディスクをデータ用途2個ぐらい付けとくのが十分かもしれない。

ミラーリングもカーネルドライバレベルでなく、サービスレベルで複数ディスクにゴリゴリ書いてるのか、大量にファイルをコピーしてるときだとか、クライアントPCのバックアップをしてるときだとか、非常に重い。