読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

WHSをインストール済みのPCのマザーボードを入れ替える

マザーボード入れ替えというか、Shuttle SD32G5から、ケースを以前使っていたATXミドルタワーに、マザーボードGigabyte GA-G33M-DS2Rに入れ替え。


そもそもの話。

当初SD32G5はWindows Home Server用に使うために買ったものではなくて、元々HDDを複数台繋げたい、という要件は無かった。

それを今ではWindows Home Serverをインストールして、外付けでHDDを2台接続している。


最初はICY DOCK MB561S-4Sを繋げていたが、あまりの爆音にお蔵入りにして、その後昨日まではCenturyのニコイチBOX eSATAを繋げていた。


もう一台くらいHDDを繋げたいと思ってるんだけど、そうするとICY DOCK MB561S-4Sを復活させるか、マルチポートプライヤ対応のHDD4台入りケースとか買う必要がある。


でもそれって不格好じゃない?せっかくコンパクトなキューブPC使ってるんだからさ。

コンパクトさに興味が行ってしまっていて、静音からはかけ離れた構成になってしまっているし。

外付けの利点が全く無いので、もうちょっと大きめのケースに全部入れるようにしたいと思ったのが先週後半ぐらい。


最初はミドルタワーベアボーンを探してみた。

GIGABYTE ME-D00がよさそう。

ミニタワーでも悪くないんだけど、もっと良さそうなケースを探すことにして、Micro-ATXマザーだけ先に購入することを検討。

ME-D00のマザーボードはGA-TBLGMH-GB1という聞いたことない型番。スペックの近いGA-G33M-DS2Rが良さそうだ。このクラスでは珍しくICH9Rを積んでいるのが良さげ。

とりあえずマザーボードだけ購入して、元々持っていたATXケースに入れ替えることにした。


最初手抜きでHDDだけ入れ替え。

当然起動はするんだけど、ネットワークのドライバを移植前にアンインストールするのを忘れていて、前のTCP/IP設定が残ってしまっているようだ。


仕方がないので、Windows Home Server再インストール。