読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vista 64bitを使ってみる。

Exchange Server 2007の登場以降、仕事でもWindows Server 2003 64bit版を扱うケースが増えている。

64bit OSを動かすのに必要なのは、64bit対応のドライバと、アプリケーション。
ドライバの件は後で触れるけど、アプリケーションは64bitで動いていようが、32bitで動いていようが実はあまり関係は無い。
アプリケーションベンダが64bit OS上での動作を確認していれば、32bitアプリケーションを使うこと、イコール互換性についてはさほど気にしなくてもよいようになっている。

Windows Server 2003Vistaの64bit版では、WOW64という、64bit OS上で32bitアプリケーションを動かすための仕組みがある。
古いソフトだとWOW64上で不具合のでるものもあるけれど、互換性モードでなんとかなるケースも多い。

たとえばVMWare Server 2では32bitホスト上で64bitゲストが動いたりするので、実は64bitと32bitって思っている以上にユーザーが感じる障壁は低いのかもな。


そんなわけで、64bit OSに抵抗がなくなって来ていたところにメモリ値下がりのグッドニュース。

あまり深く考えずにVista Home Premium 64bit版を購入した。