読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

競技としてのスノーボード

常々思っているんだけど、一桁年齢から体操競技を始めた人がいるとして、15歳あたりでスノーボードに転向した選手がいたとしたら、いわゆるファッションボーダー→競技ボーダーと成長してきた選手は簡単に駆逐されてしまうと思うんだけど、そういう育成プランは存在しないのだろうか。

(以下、2/14追記)

発想は単純に、ハーフパイプとかどんどんエアの難度が高度になってきて、空中のボディバランスとか体操的要素が大きい競技なのかな、というものです。

注目度は高い割にオリンピック的に歴史の浅い競技だし、トップレベルの選手層はまだまだ薄い競技だろうから、東欧とか中国とか国策として集中的に選手を育成してきたら、草の根からの自然発生的な天才プレーヤーの登場を待ってるだけの国は置いていかれるんじゃないかな、という印象があります。

というか、冬季ってそんな競技ばっかりですけどね。
事業仕分けじゃないけど、国としてどんだけ金を突っ込める競技があるか吟味している一方で、損得無視して国家発揚のためにあらゆる競技で選手を育成している国がどんどんメダルを取っていますよね。