読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

PCパーツ購入

通販にて注文。

  • P5B-E PLUS
  • Celeron D326
  • RX700EZ-LE256H
  • DDR2 PC2-4300 512MB (HYNIX)

限られた予算の中での「とりあえず動けばいい」的アンバランス構成。

マザーボードは今後買い換えたくないので、パーツのアップグレードを見越してP5B-E Plusに決定。


CPUは現在新品で手に入る最低限に。
1万ちょっとでPentium Dが手に入るけど、ここは我慢。
将来的にE6600にアップグレード予定。


ビデオカードも最低限。今使っているAGPのカードとチップは同じ。
ゲームはしないので、Vistaを考えなければこのままかも。


メモリも最低限で。
最初2枚一組で…なんて頭が凝り固まっていたが、いや別に1枚でも動くし、と思い出した。
さらにPC2-6400のメモリって高ぇな、と思っていたら、FSBから考えて、まるでオーバースペックであることが分かったので、PC2-4300にした。
Celeron DはFSBが533MHzなので、PC2-4300のシングルチャネルがマッチする。
Core 2 Duoの現行モデルでもFSBは1,066MHzなので、PC2-4300のデュアルチャネルで間に合ってしまう。
メモリの値段を考えると、PC2-6400はちょっと割に合わない。PC2-5400になるとガクっと値段が下がる。またCrucialの個人輸入で2G kitとか買う予定。

あとは電源。
P5Bの電源は、ATX 24ピン+EPS(ATX12V)8ピン。
一方、今使っている電源は、EnermaxのActive PFC採用の初期の頃のモデルで、465W。
12Vが確か25Wくらいあったと思うが、1系統なので、ちょっと古い設計。
しかもATX電源コネクタは20ピンと4ピンのタイプ。
一応、これでも使えないことは無いらしい。とりあえず電源はこのままにして、必要であれば変換コネクタを買って、しばらくしたら最新のATX 2.2対応のものに買い換えたい。