読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

家庭内LANをもう一本引く

自宅を新築した際に何本か部屋間にLANケーブルをひいてあった。
ダイニングに電話線のモジュラージャックが出ていたので、ダイニングを中心に、

  • リビングのテレビを置く一角
  • 2階の書斎(という名の2畳のスペース)

の2箇所にカテゴリ5eのケーブルをひいてある。

ただいまWebカメラを使って防犯カメラが作れないか試行錯誤中なのだが、長男の部屋になる予定の部屋は唯一出窓のある部屋で、防犯カメラを置くのにちょうどよいので、そこにまずLANを繋げることにした。


ケーブルはカテゴリ5eのものが、5年前に買ってあったっきり放置してあった。コンセントもナショナル製のものが2つ。特に新規投資は必要なし。

2階からケーブルに呼び線として管に入っていた針金を結びつけ、長男をケーブルさばき係に任命して2階で見張ってもらい、1階から針金をゴリゴリ引っ張る。


一発で接続は成功して、長男の部屋に置いたPCに接続したWebカメラの映像を、他の部屋から見れるようになった。

しかしそのPCはPentium II 300MHzのVAIOノートで、Webカメラの映像も10fps程度でもたまにコマ落ちするし、保存したWebカメラのスナップショットをネットワーク経由で参照しようとしたらリブートした。