読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ML110 G6にWHS 2011をインストールしてみる (その2)

WHS 2011 PC

ML110 G6 Celeron G1101/2GBメモリ/160GB HDDモデルの届いたままの状態で(ケースファンとCPUファンは替えましたが…)Windows Home Server 2011をインストールした直後の状態です。

デバイスマネージャ

f:id:yaboratory:20110601125234j:image

SATAコントローラは"AHCI"モードでインストール。
"Standard AHCI 1.0 Serial ATA Controller"はF6ドライバを使わずに自動インストールされたドライバです。

f:id:yaboratory:20110601125232j:image
f:id:yaboratory:20110601125231j:image

グラフィックドライバは"標準 VGA グラフィック アダプター"。
後述しますが、この状態では1024x768までしか表示できません。

ネットワークアダプタは"Broadcom NetXtreme Gigabit Ethernet"。
標準でギガビット対応です。
CPUがG1101なので2コア。

f:id:yaboratory:20110601125230j:image

「不明なデバイス」が一つ見えています。
これはML110 G6のドライバページから「HP ProLiant 100シリーズ マネジメント コントローラ ドライバ for Windows Server 2003/2008 x64 edition」をダウンロードしてインストールすれば認識されます。

http://h20566.www2.hp.com/portal/site/hpsc/template.PAGE/public/psi/swdDetails/?sp4ts.oid=4344075&spf_p.tpst=psiSwdMain&spf_p.prp_psiSwdMain=wsrp-navigationalState%3Dlang%253Dja%257Ccc%253DJP%257CprodSeriesId%253D3984625%257CprodNameId%253D4344075%257CswEnvOID%253D4064%257CswLang%253D25%257CswItem%253DMTX-26108149dc994e42a87afeab0a%257Caction%253DdriverDocument&javax.portlet.begCacheTok=com.vignette.cachetoken&javax.portlet.endCacheTok=com.vignette.cachetoken

ディスクパーティションアライメント

システムディスクはML110 G6 160GB HDDモデル標準のSeagate VB0160EAVEQ。
Barracuda7200.12 (ST3160318AS)のHP OEM型番っぽいです。

f:id:yaboratory:20110601130121j:image

パーティション開始オフセットは1,024で割り切れますね。このHDDに関しては影響無いけど。

f:id:yaboratory:20110601130619j:image

Western Digital WD20EARS-00MVWB0をデータ用に追加した状態です。
こちらもパーティション開始オフセットは1,024で割り切れます。これがAFTハードディスクを使う上でのWHS 2011のメリットのひとつ。

グラフィックドライバ

標準グラフィックアダプタドライバでは1,024x768までしか表示できないので、G200e用ドライバをインストールします。

f:id:yaboratory:20110601130747j:image

ダウンロード先はIntelのページ。

http://downloadcenter.intel.com/Detail_Desc.aspx?lang=jpn&changeLang=true&DwnldId=18387

1,680x1,050 16bitまではデスクトップを広げることができました。

f:id:yaboratory:20110601131509j:image